霊厳洞・五百羅漢に行ってきたよ。厳かで神秘的な空間に行ってみらんね?

熊本市のPR動画で紹介されている名所の、霊厳洞・五百羅漢に行ってきました。

晩年の宮本武蔵が籠もり修行をしたとされている場所に、行ってみよう!!

ライター小梅
霊厳洞・五百羅漢は凄く神秘的な所みたいですよ。楽しみですね♪

社長
僕、おばけとか苦手なんだけど…

ライター小梅
おばけじゃねぇーよ。

熊本市のPR動画(霊厳洞・五百羅漢のシーン)01:54

霊厳洞・五百羅漢とは?

霊厳洞(れいがんどう)は、熊本市西区の雲巌禅寺の裏山にある洞窟です。

そして五百羅漢(ごひゃくらかん)は、霊巌洞近くの斜面に散在する石仏郡です。

霊巌洞では晩年の宮本武蔵が籠もり、剣術の奥義をまとめた【五輪書】を著したと言われていて、

霊巌洞入口受け付けの横にある宝物館には、巌流島で使用したと言われている木刀や、宮本武蔵の自画像などが展示してあります。

霊巌洞の手前にある五百羅漢は、1779年に熊本の商人淵田屋儀平が24年の歳月を費やし、肥後の石工に彫らせたもので、笑い、喜び、悲しみ、怒りなど、座る姿も表情も全て違う石仏です。

必ず自分と似た羅漢さんに出会えると言われています。

1889年の地震で崩落してしまったものや風化もあり、完全な形で残っているものは約半分のみとなっています。

霊厳洞・五百羅漢の場所は?

熊本市中心部より、車で最速約30分ほどの金峰山の麓にあります。

Googleマップ情報

熊本駅からのルート

駐車場

実際に行ってきた

勝ち運を呼ぶ武蔵像

武蔵像

霊厳洞・五百羅漢へ続く道の入口付近にある駐車場の正面に、大きな武蔵像がありました。

これは、2003年のNHK大河ドラマ【武蔵MUSASHI】の放送記念として建立されたそうです。

 

マスクをしている武蔵像

コロナ仕様で、マスクを装着していましたよ。

この武蔵像は、勝ち運祈願合格祈願ボケ封じ祈願ができるとの事。

ライター小梅
社長っ!ボケ封じですって!!

社長
ほんとだ!いっぱい鐘鳴らしとこう!!

霊厳洞・五百羅漢へ続く道

看板

武蔵像を正面に見て左手側に進むと、霊厳洞・五百羅漢へ続く道があります。

 

林道

看板の矢印の通りに、林道をどんどん進んで行きます。

 

木が生い茂る道

どんどんどんどん、進みます。

 

林

ま、まだまだ続きます…

雲巌禅寺までは車でも行く事が可能ですので、暑さが厳しい時や、体力に自信の無い方は車で行かれる事をオススメします。

 

雲巌禅寺

雲巌禅寺

霊厳洞・五百羅漢の手前にある、雲巌禅寺(うんがんぜんじ)に到着しました。

 

あじさい

紫陽花が、とても綺麗でした。

 

霊厳洞・五百羅漢の入口

入口

雲巌禅寺の奥に、霊厳洞・五百羅漢の入口を発見!!

 

拝観料

拝観料を納めて、入るシステムのようです。

 

終了

本日の拝観は終了しました。

という事で、中には入れませんでした。。。

ちなみに、拝観できるのは

  • 夏季:8:00~18:00
  • 冬季:8:00~17:00

となっています。

行ってきた感想

今回は拝観できる時間に間に合わず、霊厳洞・五百羅漢を見る事はできませんでしたが、向かう途中の山並みの景色など綺麗で、ドライブがてら行くのも良いなと思いました。

おすすめ度

★★★★★

動画で見ただけですが、宮本武蔵が籠もっていた霊巌洞の雰囲気は厳かで、五百羅漢の石仏群は息を呑むような迫力のあるスポットです。

社長
次回こそは、入れる時間を考えて来よう。

ライター小梅
霊巌洞も五百羅漢も、生で見てみたいですよね。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事