花岡山に行ってきたよ。仏舎利塔と夜景ば見に行かんね?

熊本市のPR動画で紹介されている名所の、花岡山に行ってきました。

熊本城を含む熊本市内の夜景が、とても綺麗な場所なので、一度行ってみてください。

社長
まだ夜景の時間ではないけど、行ってみよう!

ライター小梅
夜景が綺麗な場所なら、普通の景色もきっと綺麗ですよね。

熊本市のPR動画(花岡山のシーン)03:11

花岡山とは?

花岡山(はなおかやま)とは、熊本市西区にある標高132.2mの山で、夜景や桜の名所としても知られています。

加藤清正公が熊本城を築城する際、必要な石を花岡山から切り出したと言われていて、清正公が自ら切り出しの監督に当たり、休憩時に腰をかける場所として定めていた石が【腰掛石】として、頂上付近に残されています。

かつては朝日山勢高山祇園山などと呼ばれていましたが、1869年に桜を植樹した事から、花岡山と呼ぶようになりました。

また、山頂には戦後に世界平和の願いを込めて、インドのネール元首相から寄贈された、仏舎利塔(ぶっしゃりとう)があります。

仏舎利塔には、お釈迦様のお骨が1粒祀ってあるそうです。

仏舎利塔から続く階段を上ると、ベンチがある展望公園があり、ここがベストビュースポットとなり、熊本市でここからの夜景が一番美しいと言われています。

花岡山の場所は?

JR熊本駅・市電祇園橋電停からともに徒歩で約20分、九州自動車道熊本ICから車で約35分の場所にあります。

Googleマップ情報

熊本駅からのルート

駐車場

実際に行ってきた

花岡山を目指す

山道

草木の生い茂る道を走り、花岡山山頂を目指しました。

 

木が沢山ある道

カーブ多めです。

 

花岡山公園に到着?!

駐車場

花岡山公園を目指してやってきたわけですが…

仏舎利塔へと続く入口付近には、チェーンがしてあり入れないようになっていたため、断念…

そして、花岡山公園入口から少し進んだ所にある、駐車スペースに車を停めました。

社長
なぜだ…なぜなんだ…僕たちこういうの多くない?

ライター小梅
日頃の行いが悪いんでしょうね。(遠い目)

巨大な鳥居

鳥居

私達が車を停めた場所の奥に、ものすごく大きな鳥居がありました。

 

鳥居のまわりに木が沢山ある

この鳥居は戸坂稲荷神社のもので、画像では大きさが一切伝わらなくて悲しいのですが、熊本県で一番大きいんじゃないか?!と思うくらいには、大きかったです。

花岡山に訪れた際には、こちらもご覧になってみると良いかもしれません。

 

景色

景色

巨大な鳥居の近くからも、かろうじて町並みを一望する事ができました。

ここからの夜景も、それなりに綺麗だと思います。

 

駐車場に車が停まっている

景色は綺麗ですが、若干木が多めです。

そして、花岡山公園の仏舎利塔近くからは、ここの景色とは180度反対側の景色が見え、熊本城や熊本市内の中心部、熊本駅周辺などの景色が楽しめるようです。

 

ラブホテル

ラブホテル

花岡山公園に向かう道中、複数のラブホテルが点在していました。

花岡山で夜景を満喫したカップルが、立ち寄れるようになっているのだと思います。

 

ホテル

中には、熊本市街地が一望できる露天風呂付の部屋があるラブホテルもあるようなので、旅行の際に活用すれば、旅費を抑える事もできて良いかもしれませんね。

 

行ってきた感想

花岡山公園に入れず、景色も仏舎利塔も見れなかったので、凄く残念でした。

次回は、リベンジも兼ねて夜景の見える時間帯に来てみたいです。

おすすめ度

★★★★★

熊本市で最も夜景が綺麗だと言われているスポットですので、一度足を運んでみる価値はあると思います。

社長
特にカップルには、ピッタリの場所だよね。

ライター小梅
私も、社長とじゃなく好きな人と来たかったです。

社長
その言葉、そっくりそのままお返しするわっ。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事