本妙寺清正公立像を見てきたよ。熊本県内で最も大きい加藤清正像ば見らなんたい!!

熊本市のPR動画で紹介されている名所の、本妙寺清正公立像を見てきました。

巨大な清正公立像と、絶景を見に行ってみよーーー!!

社長
清正公立像、めちゃくちゃデカイらしいよ!

ライター小梅
えー!楽しみですね!!

熊本市のPR動画(本妙寺 清正公立像のシーン)01:09

本妙寺 清正公立像とは?

清正公立像は、肥後熊本藩初代藩主の加藤清正の没後325年の記念忌として、1935年に本妙寺が制作しました。

長崎県出身で、長崎の平和祈念像の作者としても有名な彫刻家の、北村西望氏製作を担当しました。

清正公が葬られている浄池廟の裏手にある、300段の石段を上ったところに清正公立像はあります。

この300段の石段は、銅像建立の謂れを後世に残すため没後325年の記念忌という事で、300段を25段ずつに区切り踊り場が設けられています

清正公立像は1935年に制作され、9年後の1944年第二次世界大戦の国家総動員法に基づく金属類回収令により、撤去されてしまいましたが、その後1960年に再建されました。

熊本県内には加藤清正公の像がいくつか存在しますが、その中でも最も大きいのが、本妙寺公園にある加藤清正公立像になります。

2016年に発生した熊本地震で、槍の先端部分が折れてしまいましたが、現在は復元されています。

本妙寺 清正公立像(本妙寺公園)の場所は?

本妙寺公園は本妙寺浄池廟の裏手で、中尾山の8合目にあたる場所にあります。

Googleマップ情報

熊本駅からのルート

駐車場

実際に行ってきた

心臓破りの300段の石段

石段

25段区切りで踊り場が設けられている、300段の石段です。

社長
ここを上っていくのは、無理だな・・・

ライター小梅
うん。無理ですね。(断言)
上からみた心臓破りの階段
車で迂回し、本妙寺公園に到着。
上から心臓破りの階段を見下ろすと、もはや下が見えませんでした・・・

清正公立像

清正公立像

ご…後光がさしている…

 

全体像

台座を含め全長17m!!(銅像部分は9m)

超ド迫力でした。

 

銅像部分

清正公のトレードマークである長烏帽子兜を被り、片鎌十文字槍を携えた勇ましいポーズをしていて、清正公が見つめる先には熊本城があります

 

絶景ポイント

東屋

本妙寺公園には東屋もあり、ちょっとした休憩ポイントにもなっています。

 

絶景

そして、東屋からは熊本市内が一望できます。

遠くに熊本城も見えました。

 

景色

夜は、夜景も楽しめるようですよ。

行ってきた感想

清正公立像は、とにかくデカイ!!大迫力でした。

また景色も絶景で、犬の散歩をしていらっしゃる方や、運動がてら心臓破りの石段を上っている方が複数いらっしゃって、地域の方の憩いの場でもあるようでした。

おすすめ度

★★★★★

熊本県内で1番大きな加藤清正像は、一見の価値ありです。

本妙寺を訪れた際には、本妙寺公園のほうにも是非行ってみてください。

社長
次回こそは、300段の石段のほうで行ってみよう!

ライター小梅
そ、そうですね…

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事