上通に行ってきたよ。熊本の文教発祥の地で歴史と文化の街に行かなんたい!!

熊本市のPR動画で紹介されている名所の、上通りに行ってきました!

熊本を観光するのであれば外せないスポットですので、ぜひ行ってみてくださいませ〜。

社長
上通りはオシャンティーな所だから、サングラスかけて行こっ♪

ライター小梅
・・・・・。

熊本市のPR動画(上通りのシーン)0:10

上通りとは?

上通り(かみとおり)は、通町筋から並木坂までの全長600m幅11mの通りの商店街です。

商店街の南部分は、約350mあるアーチ型の屋根になっていて、その中央部分からは日光が差し込んで、明るく開放感のあるアーケードになっています。

初代は1960年代にできたもので、熊本県では初めてのアーケードでした。

現在のアーケードは3代目で、1998年にパリのオルセー美術館を模して造られていて、通りの中央部分には木製のボードウォークが施されていて、明るくてオシャレなファッションストリートになっています。

上通りは熊本の文教発祥の地でもあり、書籍古書籍時計メガネ文具楽器などの店舗が数多く存在し、画廊ホールも多いことから【歴史と文化の街】と言われています。

また、アーケードの北部には、1990年に整備された並木坂が続き、伝統を感じさせるお店や若者に人気の高い店舗が多くあります。

上通りの場所は?

熊本県熊本市中央区の目抜き通りである通町筋の、市電停留所付近から見て、北へ伸びるアーケードが上通りです。

Googleマップ情報

熊本駅からのルート

駐車場

実際に行ってきた

上通りアーケード入口

上通入り口

バスでちょうど隠れてしまっていますが・・・ココが、上通りアーケードの入口です。

 

オブジェ

アーケード入口の上部には、現代美術家今田淳子さんの、【湧き立ついのち】という作品が飾られています。

 

アーケード内

上通

上通りは、下通りと比べると落ち着いた雰囲気です。

 

上通

平日の昼間だった事もあり、そこまで人は多くありませんでした。

社長
週末になると、この通りは大勢の人で賑わっているよね。

ライター小梅
アーケードをゆっくり見て周りたいのであれば、平日がオススメかもしれませんね。

 

ボードウォークのある通り

通りの中央部分には、木製のボードウォークが施されています。

 

並木坂

並木坂

並木坂の方には、街路樹が多くありましたよ。

ちなみに、並木坂は江戸時代までは竹が生い茂る村だったそうです。

 

行ってきた感想

上通りは今まで何度も行った事がありましたが、今回しっかりと通りを見ながら歩いてみると、美術館をイメージして造られていたり入口には現代アートが飾られていたりもして、モダンでシックなアーケードでした。

おすすめ度

★★★★★

熊本といえば、上通り下通りは絶対に外せない場所です。

観光でただブラブラするだけでも、楽しめると思いますよ。

社長
熊本県民は、上通り・下通りに行く事を『街に行く』って言うよね。

ライター小梅
言います言います!小学生の時から普通に言ってました(笑)

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事